図画工作科の学習では「スプーンの中の私」というテーマで、スプーンに映った自分の顔を描きます。色塗りでは、光の当たり方を意識しました。陰影を表現するために水彩絵の具の特性を生かして薄い色から少しずつ濃い色へと変化させて塗り重ねていきました。子供たちは、納得のいく色が作れるまで何度も絵の具と水分のバランスを調整していました。一人一人の力作、完成が楽しみです。完成した作品は、学習発表会で展示します。ぜひ、ご覧ください。