砺波市美術館で開催されている子どもの造形アトリエで石膏の足型作りに挑戦しました。まずは土粘土で型をとります。平らにした粘土の上から足をぎゅっと押しつけます。意外と力のいる作業で、うまく足型がとれるよう、一生懸命に体重をかけていました。次にかべをつくって、石膏を流し込みます。固まったら、粘土をとって完成です。子供たちは楽しそうに粘土をこね、足型ができたときにはとても嬉しそうにしていました。