1年生は初めて着衣泳を行いました。着衣泳を教えにきてくださった消防士さんと一緒に準備運動をし、水中に落ちた場合にどうしたらよいかを学ぶための紙芝居を見せてもらいました。水中で浮くためには肺に入った空気も大切なことや、身につけている服や靴も体を浮かす大きな役割をしてくれることを教わりました。水中での歩行では、服を身につけたまま水に入ると動きにくくなるということを体験しました。その後、ペットボトルを使って水中で浮く練習をしました。初めての着衣泳で恐る恐る体を倒している子供もいましたが、いざという時に自分の命を守るためにみんな一生懸命練習していました。