砺波市内特別支援学級合同学習会「チューリップの会」が砺波青少年自然の家で行われ、すみれ学級が参加しました。

歌「チューリップの仲間たち」を歌った後、各校の紹介が行われました。すみれ学級は自立活動で練習している8の字跳びを披露し、見ていた他校の子供たちからは「お~」という歓声が上がりました。「木の実クラフト」では、木の実を組み合わせ、ホットボンドで台に固定して作品を作りました。各自が木の実を思い思いに組み合わせ、仕上がった時は満足そうな笑みを浮かべていました。お弁当を食べた後、「なかよしタイム」で「貨物列車」と「インディアンゲーム」をしました。他校の子供たちとゲームを通してふれあうことができ、うれしそうでした。

普段関わることのできない他校の子供たちと交流することができ、充実した1日になりました。