体育の授業でキャッチバレーボールをやっています。通常のビーチバレーは3回以内のタッチでボールを相手コートに返しますが、キャッチバレーボールでは、サーブをされたらキャッチ、パスをされたらキャッチと一回一回ボールをキャッチして次の動作に移ります。最初の頃と比べるとパスがつながり、アタックも打てるようになってきました。チーム内の声かけも「ナイスキャッチ!」、「ドンマイ!」などと温かい声かけが増えてきました。練習を重ねて、パスやアタックがチームの仲間と連携して上手くなることを願っています。