1年生は、11月に太閤山ランドへ校外学習にいきました。そこで、秋をさがしました。

広い広い公園の中を歩きながら、ドングリやきれいな色をした落ち葉を見つけることができました。いろんなドングリがあり、子どもたちは歓声をあげながら、袋いっぱいにたくさんの秋を集めることができました。

 学校に持ち帰ったドングリや木の実、落ち葉を使って、おもちゃ作りに挑戦しました。木の実やドングリを使ったけん玉や迷路、トントン相撲。落ち葉や木の実を上手に生かした人形やペンダント。子どもの想像力が広がります。子どもたちは、夢中になって作っていました。

 できたおもちゃで、お店屋さんを開きました。お客さんは、お家の人です。お父さん、お母さんを相手に、おもちゃのやり方を説明しました。迷路にうまくゴールできたらドングリを一個プレゼントしたり、弟や妹たちにやさしく教えてあげたりと、1年生なりにお客さんを楽しませようとする姿がみられました。

 このような活動を通し、秋という季節を楽しむことはもちろん、自分の思いを表現したり、自分が楽しむだけでなく、相手のことを考えながら活動したりすることができました。