11月26日(土)に、地域開放ホールで「国際交流の集いinとなみ」が行われました。バルーンアートやクリスマスリース作り、折り紙コーナーなど、様々な催しがありました。中でも、太極拳の体験や中国のおめでたいお菓子「八宝飯」の手作り体験は、中国の文化に触れるよい機会となりました。
 このイベントに6年生の子どもたちも多数参加し、異国の文化に触れたり、地域の方々とのふれ合ったりしながら交流を楽しみました。

 6年生の総合的な学習の時間では、地域の様々な施設に訪問し、いろいろな方とふれ合う学習を行っています。相手の立場に立つことの大切さや人と気持ちが通じる喜びを実感する機会になってほしいと考えています。
 これからも、様々なふれ合いを大切にして、視野を広げていってほしいと思います。