「先生、今日は百人一首するんですか?」「やった~」

子供たちは百人一首大会に向けて、意欲的に練習に取り組んでいます。1枚でも多く覚え、札をとることができた時の喜びをより多くの子供が味わうことができるように、覚え方などを指導していきます。