社会科で学習している税金について、より詳しく学ぶために税理士の松本さんを講師にお招きして、3クラス合同で租税教室を行いました。最初に視聴したDVDでは、もし税金がなかったら自分達の暮らしにどのような影響があるのかを知ることができ、松本さんからは「何のために税金があるのか」「どうやったら税金を公平に集められるだろうか」などの話を伺いました。最後にイミテーションの1億円で重さを体験させてもらいました。今日の授業で「税金」を身近に感じ、自分なりに考えるきっかけになればと思います。