4学年では、11月1日に南砺市、旧平村の「和紙の里」に校外学習に行きました。
 目的地までのバスの車窓からは、砺波市水道局上中野調整槽、合口ダム、小牧ダムを見ながら向かいました。
 和紙の里では、「和紙すき体験」を行い、1人3枚のはがきを作りました。実際に体験することで和紙の作り方がよくわかったようです。
 また、ビデオや展示コーナーでは、「こうぞから作る紙の作り方、五箇山和紙の歴史、五箇山の塩硝つくり、生糸つくり」などを学びました。