5・6時間目に、持久走大会の試走を行いました。

自分の走り方を確かめながら、昨年と同じコースを無理せず自分の速さで走りました。この試走を通して本番に向けて目標を決めます。持久走大会でよい走りができるようがんばります。