3月6日に高学年バトンタッチ集会が行われました。

この集会は、卒業する6年生から5年生へ最上級生としての役割や学校のリーダーとしての志を引き継ぎ、

学校をよりよくしようとする意欲を高めるための集会です。

6年生は劇やクイズを交えながら分かりやすくていねいに、

これまでの取組やどんな気持ちで取り組んできたかを教えてくれました。

5年生からは、「もう僕たちが学校を引っ張っていかなくてはいけないんだと改めて思いました。」

「卒業する6年生のように責任感をもち、いろいろなことに取り組んで行きたい。」といった

感想が聞かれました。

5年生としての期間も残り少ないですが、

学校を自分たちでよりよくしていくんだという気持ちを行動で表していけるように

指導・支援していきます。