理科の学習で、電子秤を使って粘土の重さをはかりました。

「縦に置いたり横に置いたりすると、重さは変わるのか」「平らにしたり丸くしたり細かく分けたりすると、重さは変わるのか」を確かめるために、グループごとに協力して実験しました。

子供たちは、実験を通して「置き方や形を変えても重さは変わらない」ということに気付きました。大人からすれば当たり前のことかもしれませんが、子供たちは自分たちで結論を導き出したことに、とても満足気な様子でした。