6年生の算数科の学習では、6年間のまとめを行っています。

自力解決をして答え合わせをするのではなく、グループで学習することにより、互いに教え合う場面が多く見られます。

答えを教えるのではなく、解き方を教える。算数が得意な子供も分かりやすく教えることに苦戦し、どうやったら相手が理解できるか工夫しながら教える姿が見られます。