本日の3限目に、全校児童が色団ごとに分かれて、8の字跳び大会が行われました。5年生は「態度面や技能面において下級生があこがれる行動をとる」ことを目標に、一生懸命に取り組みました。

これまでの最高記録を出して嬉しい表情の子供や、目標回数に届かず悔しい表情をしている子供もいました。

一人一人が今回の経験を生かし、これからの学校生活でも、「下級生があこがれる行動をとれる」5年生になってほしいと思います。