2年生になり、五色に分かれた百人一首に初めて触れた子供たち。たくさんの文字が書かれた下の句を真剣に目で追いながら、1枚でも多く取ろうと頑張りました。上の句が読まれたところで、札を見つけて取る子供や得意な札を取って喜ぶ子供、新しいことがまた一つできるようになった姿にたくましさを感じました。