子供たちは「上位入賞したい」「自己ベストを出したい」など、それぞれ目当てをもって取り組みました。

学年の仲間や家族の声援を受けて、最後まで一生懸命走ることができました。

全力を出し切った子供たちの笑顔や涙がとてもすてきな持久走大会でした。