暑い日が続き、プールでの学習も本格的になってきました。

今年も、「自分の命は自分で守る」ために消防署員の方に来ていただいて、「浮いて待て」の学習を行いました。

ランドセルやズックがたくさん水を含んでも浮くことや、長く浮いているためには声を出したり体を動かしたりせずに待つことを教えていただき、実際にペットボトルをおなかに抱えて浮く練習を行いました。最初は、なかなか水に浮くことができませんでしたが、署員の方にコツを教えていただきラッコのように水に浮くことができるようになりました。