富山福祉短期大学教授の鷹西先生をお招きし、5・6年生を対象にした「いのちの授業」がありました。交通事故により車椅子を手放せない生活となった経緯や今の生活についてたくさんお聞きすることができました。最後に、子供たちに「何もできないことと何もしないことは違う。」と、メッセージを送られました。前向きに生きることの大切さを実感するよい機会となりました。

DSCF5047 2

DSCF5048 2