11月9日に、砺波食品衛生協会の方々を講師として招き、「手洗い教室」を行いました。指の間や爪、手首などに汚れが残りやすい様子が、ブラックライトに照らされてよく分かりました。1年生の子供たちは、自分の手にライトが当たって光ると、「何回もこすったのになあ」「手洗いも難しいぞ」といった声が聞かれました。給食の前には、石鹸を泡立ていつも以上にていねいに手洗いをする姿も見られました。DSCF4600DSCF4602