図工の時間に「絵の具と水のハーモニー」という学習で、絵の具を水でとき、点や線で模様を描いて自分だけの作品を作る活動をしました。
この学習では、筆の使い方や水の量を工夫することで、絵の具で描くことの楽しさを感じることを目標としています。子供たちは、ただ絵の具で模様を描くだけでなく、それぞれのイメージに沿って、絵の具と水で描くことの楽しさや作品を作ることの面白さを感じていました。