すみれ組、つくし組合同水泳学習では、子供たちの水慣れのレベルに合わせて2グループに分かれ学習を進めました。メダカグループでは、ジャンプをしたり顔を水につけたりした後、プールサイドにつかまってバタ足練習をし、最後は水中じゃんけんに挑戦しました。イルカグループでは、どうしたら今よりも泳ぐ距離を伸ばせるのかを考えながら練習しました。日差しがなく少し肌寒い中、子供たちは元気よく学習に取り組んでいました。