見て!触れて!試して!社会科現地学習

                                 6学年担任 松田 啓宏

 6年生の子どもたちは、6月24日の現地学習で石川県を訪れました。行く先は御経塚遺跡、金沢城、県立歴史博物館の3箇所です。

 御経塚遺跡では、発掘された縄文土器や石器を間近で見たり復元された竪穴式住居に入ったりしました。子どもたちは、縄文時代の人々の生活の工夫や技術の高さに驚いた様子でした。金沢城では、約1時間歩き通して見学しました。それでも見学しきれないほどの広さに、前田氏の力の大きさを実感しました。県立歴史博物館には、縄文時代から現代に至るまでの人々の暮らしに関する資料が数多く展示されています。子どもたちはそれぞれ、興味をひかれる資料を熱心に見入っていました。

 子どもたちの感想には、「本物を見ることで昔の人々の暮らしの様子が分かった。」というものが多かったです。見学や体験を通して、歴史を学ぶ楽しさを味わった現地学習になりました。