自転車に乗るときは・・・
●自分の命は自分で守る
●命を守ってくれるのは、ヘルメットと心です。
●心は、「安全に運転するよ」「ルールを守っていくよ」という心です。

自転車の安全な乗り方について
◇自転車に乗るとき
 ①自転車の左から乗り、自転車をまたぐ。
 ②右側から後方の確認をする。
 ③右足をこぎ出せるようにペダルにかける。
   左足は地面に付けたままにする。
   両手でブレーキをかける。
   ④右側から後方を確認し、安全を確かめたら、こぎ出す。

◇交差点や止まれの標識、見通しの悪いところ(左右の安全確認ができないところ)は、
    必ず止まる。
 ①自転車から降りる。(乗車したまま確認しない。)
 ②降りてから、安全確認をする。
 ③自転車に乗るときの順序に従って、動き出す。