教育振興会主催の東部っ子元気が出る事業で、マリンバ奏者の神谷先生と加納先生にお越しいただき、「わくわくコンサート」が開かれました。マリンバはマレットを使い音を出します。マレットの種類によって音色が変わるため、奏者の方は何本ものマレットを使い分けるそうです。

「道化師のギャロップ」「トルコ行進曲」といった、誰もが一度は耳にしたことがある曲や「ふるさと」「もみじ」など日本の曲をメドレーにしたもの、その他にも数曲、演奏していただき「そりすべり」では、スレイベルというすずを使って演奏に参加させてもらう場面もありました。

今年度は「密」を避けるために低・中・高学年と3回に分け、例年とは違った状況の中でのコンサートとなりましたが、マリンバの包み込むような柔らかな音色の演奏に、どの学年の子供たちも静かに聴き入っていました。アンコール曲の「紅蓮華」では手拍子をして演奏を楽しみました。