休憩時に火災を想定した避難訓練を行いました。子供たちは様々な場所で休憩時間を過ごしていましたが、サイレンが鳴るとその場に腰を下し、静かに放送を聞き、速やかに避難しました。周りに大人がいなくても、高学年の子供たちは下学年の子供たちに声をかけ一緒に避難します。いざという時に大切な命を守るため、避難訓練にも真剣に取り組んでいってもらいたいと思います。