「主役は東部っ子!!~みんなと一つに~」を終えて、子供たちは、発表を自分たちで創り上げたという自信に満ちあふれ、学校生活に前向きに取り組んでいます。算数の授業では、比例と反比例のグラフの違いを友達に発表したり、その話をうなずきながら聞いたりして、学習でも相手を意識して活動しています。今後の委員会活動やクラブ活動、持久走大会等での子供たちの活躍に目が離せません。