学校給食センターから栄養教諭の先生方にお越しいただき、正しい箸の持ち方を教わりました。箸を正しく持つことができれば、食べ物を「つまむ」「つつむ」「きる」といろいろなことができます。今日は練習用の箸を使い、持ち方の確認・箸を動かす練習をしました。「上の箸を3本(親指、人差し指、中指)の指でつまんでいる」「下の箸を薬指の第一関節と親指の付け根で支えて固定している」「中指で押し上げるようにして上の箸を動かしている」この3つのポイントを守り、練習しました。先生方が子供たちの箸の持ち方を確認してくださり、最後には全員が正しい持ち方で箸を動かせるようになりました。今日、教わったことを忘れず箸の持ち方を意識しながら食事をしてほしいと思います。