6年生は家庭科の時間にエプロン作成に取り組んでいます。真っ直ぐ丁寧に縫うために、ミシンの速さを調節したり布をしっかりと押さえたりして縫っています。自分のエプロンにあった色の糸を選び、家からワッペンや布を持ってきて、世界に一つのオリジナル作品になるように工夫して製作しています。早く終わった子供はミシンの使い方で困っている友達のサポートをするなど、教え合って学習しています。子供たちには作成したエプロンを着て、家庭での家事の手伝いの時に使ってもらいたいと思っています。