家庭科では「暑い季節を快適に過ごす」というテーマで学習を進めています。これまで、住まいの工夫や衣服の涼しい着方などを考えてきました。快適に過ごすためには清潔さを保つことも大切です。今日は、履いてきた自分の靴下を手洗いしてみました。まず、どの部分が汚れているのかを確認し、たらいに水を張り洗剤を入れて「もみ洗い」「つまみ洗い」「おし洗い」と、汚れの度合いに合わせた方法で洗いました。きれいな水で数回すすいだ後、しわを伸ばして干しました。靴下のように小さなものは洗濯機で洗うよりも手洗いの方が、より汚れが落ちます。自分の靴下の汚れがひどい時には、家でも実践してみてほしいと思います。