富山第一銀行から講師の先生にお越しいただき、金銭教育の出前講座を行いました。ものを買ったり、様々なサービスを受けるためにはお金が必要ですが、お金は当たり前にあるものではありません。ものを買う場合は「必要なもの」なのか「欲しいもの」なのかをしっかりと考え、いざという時や本当に必要なものがでてきた時にお金を使うことができるように貯蓄することも大切だと教わりました。「今」自分たちが当たり前のようにしていること(勉強、食事、睡眠等)は、将来働いてお金を稼ぐことに繋がっていきます。頑張り過ぎると疲れて頑張れなくなってしまうので、「ちょっと、ずっと」を意識して、小さな頑張りをずっと続けていってくださいとお話されました。自分たちの生活や将来のことを考えるきっかけになればと思います。