6年生は図工でスチレン版画の制作に取り組んでいます。発泡スチロールを加工したスチレンボードにカッターなどで模様を描いて刷ります。色合わせや色の重なりを楽しむ版画技法で、版画絵の具をグラデーションさせたり、数色混ぜて新しい色を作ったりしました。1枚のボードを大まかに分割して刷る、カッターで直接つけた模様だけでなく小さなパーツを切り抜いて後からワンポイントにするなど子供たちのアイデアがたくさん詰まったカラフルな作品ができました。