砺波ロータリークラブ主催の外国人講師による出前講座を行いました。マレーシア出身の講師ファティン アミラさんからマレーシアの気候や生活、文化について教えていただきました。多民族の国であり、使われる言語は一つではないこと、赤道近くにあり日本のように四季がないことなど沢山のことを学ぶことができました。質問タイムでは、大勢の子供たちが手を挙げ「日本の文化で1番好きなところはどこですか?」「今までで1番美味しいと思った食べ物はなんですか?」などの質問し、「日本の人の他人を思いやって行動するという文化が好きです。」「すき焼きが1番好きです。」など、ファティンさんは一つ一つ丁寧に答えてくださいました。最後にファティンさんからキーホルダーのお土産もいただき、全員で「テリマカシー」(マレー語のありがとう)と言って感謝を伝えました。これからいろいろな国に対して興味・関心をもってほしいと思います。