6年4組では、総合的な学習の時間に散居村について学習しています。今日は、砺波市役所の商工農林部から道中さん、企画総務部から春山さん、砺波カイニョ倶楽部の高畑さんにお越しいただきました。屋敷林の主な役割や昔と現在の屋敷林の実態、砺波らしい散居村の景観を守るために市がどういった取り組みをしているのかなどのお話、実際に屋敷林を守りながら生活をしている高畑さんの思いなども伺うことができました。子供たちは今日の学習で、散居村に対する興味がより強くなったように感じました。「砺波の自慢」である散居村を守っていくためには、今後どうしていったらよいのかを自分たちなりに考えていきます。