歯肉炎防止教室を行いました。歯科衛生士さんが歯肉炎や歯周病などについて詳しく教えて下さいました。歯垢(プラーク)は奥歯の溝、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目に付きやすく、その歯垢を放っておくと歯肉炎や虫歯の原因となります。今日は、手鏡を使って自分の歯ぐきの状態を確認(歯ぐきが赤っぽい、腫れている、出血しやすいなど)気になる場所をチェックシートに記入後、歯垢の染めだしをしました。大切な歯を守る為に丁寧なブラッシングを意識し、口の中を清潔に保ってほしいと思います。