6年生は図工の授業で「墨のうた」という単元の学習をしました。この単元は、墨の濃さを変えたり、様々なものを筆として使ったりして、思いのままに描くことを楽しむ学習です。今日は、歯ブラシと網を使って墨を弾いて描いたり、墨を水で薄めてぼかしたりにじませたりしながら描いたりするなど、いろいろな描き方を試しました。子供たちは、墨にはいろいろな濃淡があることに気付き、楽しみながら学習を進めていました。次の時間には、刷毛や枝、いらなくなったほうきの先などを使ってさらにいろいろな表現の仕方を勉強する予定です。