12月12日(月)に、2回目のボランティア活動を行いました。11月に行った1回目の活動の反省をもとに、子どもたち一人一人が目当てを新たに立てて取り組みました。「もっと会話が続くようにしたい。」「笑顔を忘れないで接したい。」それぞれの思いが生かされた活動になったことと思います。

 6年生の子どもたちは、中学校生活を強く意識しています。自分の世界が広がっていくことに期待と不安を感じていることでしょう。地域の方々と触れ合わせていただいたこの経験が、子どもたちにとって、自信につながってくれることを期待しています。
 子どもたちを温かく迎えてくださった施設の皆様、本当にありがとうございました。